弁護士事務所 地方について

地方における弁護士の現状と将来

法曹系の勉強に励んでいる方は周知の通り、弁護士や司法書士、行政書士などの法曹界はの現状は、様々なことで厳しいと言われています。
一番思い浮かぶのは、就職難でしょうか。
法曹界での就職難は随分前から問題視されてきて、それも都会を中心に議論がなされています。
そのため、いまだに都会以外ならば比較的容易に就職可能と思われているようです。
実は現状では、地方には地方特有の問題点が浮上してきているのです。
前までは、地方では確かに弁護士等の数が少ないことが問題とされていました。
そのため試験でたくさんの合格者を出したために、都会に増えすぎた弁護士等を他の全国に排出する動きが活発になりました。
そのおかげか、都会以外の人数不足も徐々に解決されていくわけですが、すでに一部では増えすぎてきたといいます。
そこで弁護士等の業務を、司法書士や行政書士に分割、或いは委託するようになります。
こうなると司法書士、行政書士の負担はかなり大きくなってしまいます。
弁護士事務所には、多くの司法書士、行政書士が所属されているので、こうした負担により事務所経営を圧迫されてしまうのです。
こうした問題点があることを頭の隅に置いておくことで、就職活動などの自分の進路を決めるひとつの材料になり得ます。

Copyright© 弁護士事務所 地方 All Rights Reserved.