地域密着型と全国対応型の事務所のメリット、デメリット。

近年では、全国対応の弁護士事務所が登場するようになりました。
地方でトラブルに見舞われた場合には、地域密着型の事務所以外にも、全国対応型の事務所に相談することも可能となっています。
全国対応型は、取り扱う案件が大変豊富ですから、ノウハウが豊富な分、困難な事例についても対応を行ってもらえる可能性が高いといえます。
一方で、地域密着型の事務所の場合は、例えば交通事故のケースでは、近距離な分、素早い対応を期待することができます。
事故の数日後にむちうちなどの症状が出た場合にも、素早い対応で、示談金の増額などの結果につなげることも期待できます。
地域の交通事情についても、詳しい可能性がある点もメリットとなることでしょう。
遠方の事務所に比べると、交通費や日当がかからない点で料金についても有利になる可能性が高くなります。
交通事故の場合もそうですが、複雑な案件については、全国対応の事務所に、その他の場合には地域密着型の弁護士事務所にと、使い分けを行うと良いでしょう。

女性弁護士が相続問題を解決

大阪の司法書士・行政書士の求人募集

企業再生のチャンスを

大渕愛子

交通事故相談ができる横浜の行政書士

悪質なサービス残業への対処法

最近は人手不足ということもあって、失業者は減少傾向にあります。
しかし、その一方で、使用者が労

サンプルイメージ2

地方の弁護士事務所で働こう

弁護士事務所で働こうと思うと法律の知識がある人や弁護士を目指している人などを想像してしまいがちですが

Copyright© 弁護士事務所 地方 All Rights Reserved.